サンダル選びを間違えたらサンダル擦れに悩まされる

サンダルというと基本的には近場への買い物とかベランダで履く様なちょっとした用で履くイメージがメインだと思います。

用途が特定されるビーチサンダルの様なものは例外になりますが、近所にちょっと出かけるだけで履く様なものでもそれなりにポイントを押さえて選ばないと靴擦れを起こします。

靴擦れというとカカトのイメージが強いですし、絆創膏のCMでも“靴擦れ=カカト”のイメージで描写されています。

しかし、サンダルにおいても靴擦れは起こるもので“サンダル擦れ”などと表現する人もいますが、広義では靴擦れになります。

このサンダル擦れですが、筆者の体験から言うと徒歩数分のコンビニにタバコを買いに出かけて帰ってくるだけのほんの数分で出来ることもかなり多いです。

筆者がホームセンターで買った安物のサンダルはビーチサンダルの様な鼻緒があるタイプではなくバンドが足の甲を覆うタイプのサンダルで、サンダル擦れをすぐに起こしました。

最初は新しいサンダルであることや裸足で足が保護されていないからどこかに擦って傷になったと考えていましたが、サンダルを履いた時だけ足の甲、特に親指の付け根付近に擦り傷やマメが出来る為、サンダルが原因だと判明しました。

カカトの靴擦れも痛いですが、サンダル擦れは鼻緒のサンダルもバンドのサンダルもその固定方式から多くの場合が足の指の付け根に出来ます。

足の指とカカトでは動かすのが指の方が圧倒的に多くなる(ほとんどの人は意識したことはないと思いますが、足の指でバランスを取っています)ので、治りも悪いです。

特に指の関節にマメが出来ると非常に厄介で治るまではヒリヒリとした痛みが続きます。

そういう体験から筆者が導きだした方法はサンダルを履く時も靴下を履くという方法でした。

サンダルで靴下というと合わない様に思われるかもしれませんが、戦前から高度経済成長期生まれの人は普通にやっていた様で筆者の親族のお爺さん達も裸足にサンダルより靴下履いてからサンダルでそれが昔は普通だった様です。

実際筆者も靴下履いてからサンダルにしてからサンダル擦れはありませんでした。

また、合うサンダルに変えた後はサンダル擦れもないのでサンダル選びは重要と言えるでしょう。

<PR>お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|ショッピングカート|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|女性向けエステ.com|貯蓄|心の童話|内職 アルバイト|GetMoney|生命保険の選び方|お小遣いNET|SEOアクセスアップ相互リンク集|